飛行機

投稿日:

国内航空券
現在、移動する時間が一番早いのはなんと言っても飛行機です。しかし、国内の場合目的場所によっては、空港まで時間、乗降の待ち時間などを考えると目的地によっては逆に電車の方が早かったりする場合もあります。費用、時間と相談しながら検討する必要があります。

国内航空券は意外と搭乗の約2ヶ月前から1ヶ月前(航空会社によって設定は違います)までに早く予約できるなら直接航空会社(日本航空・先得割引 ・バーゲンフェア  ANA 全日空・旅割など)からネット予約すれば半額程度で取得できます。しかし、特にピーク時、実際にはすぐに完売になってしまい取得することが難しいと思います。

実際には多くの場合、直前になってから航空券を取得することが多いと思います。最大2時間前まで予約ができ、各航空会社の一括検索が可能ですぐに入手したい場合などは国内航空券ならTRIP STARで取得が可能です。ビジネスで利用する場合など便利です。

また、安く乗りたい場合、LCC(Low Cost Carrier)のピーチ航空Jetstarを利用すれば、航空機を安く利用することができます。選択肢によっては、座席指定に料金がかかったり、キャンセルができなかったりしますが、短時間なので、座席が狭いことを我慢すれば問題ありません。また、LCC以外でも以下のような入手方法もあります。

ただ、安いLCCに乗って欠航が発生した場合、混雑している期間では振替便がなかなかないというのが現状です。

海外航空券
海外の渡航は業者のパッケージツアーに参加するのが安心です。しかし、どうしても単独で自分の行きたい場所へという場合は独自に航空券を取得する必要があります。海外航空券を入手するには色々なサイトを検索にかけましたが、下記のフリーバードは検索が遅い時もあるものの往復の出発地点が変更可能で、利用しやすく良心的なサイトと思います。また、このサイトから表示された航空会社から直接航空券を入手する方法もあります。この場合、手数料がいらない代わりにネット予約の際、記入に少しでも間違いがあると搭乗できなかったり、別料金で変更しなければならなくなる羽目になるので、細心の注意が必要です。

また、どの航空会社を選択するかについては、安いということも1つの選択肢ですが、安全性について、ドイツの航空会社の安全性を調査、発表するJACDEC(Jet Airliner Crash Data Evaluation Centre)の「Safety Ranking」を参考にすれば選択の判断材料になります。