XOOPSとWordPressの違いは

投稿日: カテゴリー

初めてのWordPressでの記事でも掲載しましたが、このホームページは以前はXOOPSで作られていたものをWordPressに移行したものです。どちらもオープンソースのブログソフトウェアで、サーバーでプログラムPHP言語とデータベースMySQLが利用できる環境という条件は同じです。

では、XOOPSとWordPressと何が違うのかということですが、

XOOPSとは

XOOPS(ズープス)は、Webサーバ上でPHPとMySQLを用いて動作するWebアプリケーションのひとつです。GNU GPLライセンスの元にオープンソースで開発が進められており、誰にでも無償で配布されています。
XOOPS(ズープス)は、当サイトのようなユーザ参加型コミュニティサイトを個人でも手軽に立ち上げたり、色々なパーツ(モジュール)を組み合わせて好きな機能を追加できる柔軟かつ拡張性の高いCMS(Contents Management System=コンテンツ管理システム)です。
XOOPSとはeXtensible Object Oriented Portal Systemの略で、直訳すると「拡張可能なオブジェクト指向ポータルシステム」となります。

WordPress(ワードプレス)とは

WordPress (ワードプレス) は、オープンソースのブログ/CMS プラットフォームです。セマンティック Web、コードやデザインの美しさ、Web 標準、ユーザビリティなどを意識して開発されており、無料でダウンロードして使うことができます。

と説明されています。感覚としての違いはXOOPはユーザ参加型コミュニティサイトを主流に、WordPressはブログを主流にしたホームページ作りと言えます。XOOPSのパーツ(モジュール)の中にはWordPressを取り込んだものも存在します。

この2つの共通点は

  • 前述のとおりCMS(Contents Management System=コンテンツ管理システム)であること、つまり記事の内容をコントロールできるシステムだということ。
  • サーバーでプログラムPHP言語とデータベースMySQLが利用できる環境でないと動作しないこと。
  • パーツ(XOOPSはモジュール、WordPressはプラグインとして)を組み合わせて色々な機能を利用することができること。
  • テーマが選択できること。
  • 管理の根本となるシステムがセキュリティアップ、不具合の修正などによりバージョンアップが発生すること

などが挙げられます。

この2つの相違点は

  • XOOPSでは基本的にデータベースの内容をそっくり入れ替えれば移行可能だが、WordPressでは内部のツールを使わないと不具合が発生する。
  • テーマ、パーツの種類、バージョンアップの回数は圧倒的にWordPressの方が多い。

従って、WordPressの方が使い勝手が非常に良いのだが、プラグインに頼りすぎシステムのバージョンアップによってプラグインが使えなくなればたちまちホームページに影響が出てくることが予想されます。そういう意味ではXOOPSの方が優位だと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください